日欧オンラインワークショップ | 輸送、産業、発電部門における水素 | 2021年9月9日開催

発電、輸送、重工業は、世界の温室効果ガス排出量に大きく影響を与える部門です。パリ協定の目標を達成し、2050年までにカーボンニュートラルを達成するためには、これらの部門の脱炭素化が重要です。そして脱炭素化を促すソリューションの一つとして、炭素を含まない資源から製造される水素への注目が、日欧ともに高まっています。

日本やヨーロッパでは、水素を代替燃料として活用するプロジェクトは、鉄鋼業、陸・海上輸送、集中・分散型の電力生産など様々な分野において展開されています。

弊センターにおいて2021年5月に開催いたしました、グリーン水素製造に焦点を当てた第1回ワークショップに続き、第2回目となる今回のイベントでは、ヨーロッパと日本の専門家の方々に、経済分野にて水素利用を発展させるための公共政策や、産業上のソリューションに関する最新の開発状況を共有していただくとともに、日欧の水素利用プロジェクトにおける協力の可能性についても議論していただきます。

開催概要

詳細なスケジュールは、後日公表いたします。

  • 日本・ヨーロッパの水素利用の公共政策 |
    講演:
    テュドー・コンスタンティネスク氏(欧州委員会エネルギー総局(DG ENER) 主席顧問)
    経済産業省 (登壇者確認中)

ご案内・お申込み

  • 日時: 9月9日(木)16:00-18:30 (日本時間) / 9:00-11:30 (欧州中央時間)
  • 形式:ウェビナー (Zoom使用)
  • 言語:日本語および英語(同時通訳付)
  • 費用:無料


助成

このイベントは欧州連合の財政的支援のもとに、日欧産業協力センターが開催します。表明された意見・主張は、主催者と講演者によるものであり、欧州連合の見解を反映するものではありません。

主催

日欧産業協力センター

共催

欧州委員会エネルギー総局(ENER)
経済産業省
駐日欧州連合代表部

カーボンニュートラル(気候中立性)